フラット35金利最安はどう?住宅ローンは経済状況に左右されにくい

フラット35という名前の住宅ローンローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。
世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。
という点は住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。
毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。
ですが、フラット35の審査は少し違う点もあり住宅の価値を重視して審査を行います。
一般的な住宅ローンと一緒です。
違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。
という所を重点的に見る。
という点です。
これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。
住宅を購入したいと思ったら、まず審査を受ける必要があります。
住宅ローンは最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。
審査の合否判断には約1週間前後かかります。
結果は口頭もしくは電話で伝えられます。
審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。
そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。
契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。
諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。
だいたい、安くても数十万〜数百万単位の現金が必要となるでしょう。
住信SBIネット銀行の住宅ローンの支払いをしているとまとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。
その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。
繰り上げ返済はいつもの支払いとは別のもので、まとまった金額を返済する事です。
繰り上げ返済をすれば、ローン元金を減らす事が可能ですので、元の借入額を減らす事が出来ます。
借入額が減れば、月々の返済額も減る。
という事になります。
繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。
住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った宣伝も目にしますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
その代わり、月々の返済額は膨らみます。
月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。
頭金は目安が物件購入金額の20%と言われていますが、住宅を購入する際は他にも費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。
フラット35金利一覧最安は?【おすすめ銀行ランキング!】