住宅ローン借り換えを申し込むときの注意点は?

住宅ローン借り換えを申し込む際、必ず加入する保険があります。
その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。
団体信用生命保険という物は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。
これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。
という特別処置です。
保険会社はそれぞれの銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。
こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して住宅ローンを申し込む事が出来ますね。
住宅を購入したいと思ったら、まず審査を受ける必要があります。
住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査はとても慎重に行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
審査を通過しないと住宅ローンは組めません。
審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印・諸費用も用意しましょう★ 住宅ローンの借り換え手数料には事務手数料・保証料・繰上返済手数料の3つがあります。
そこをなんとか安くしてほしいという方は住信SBIネット銀行の住宅ローンのように無料のくりあげ返済手数料っていう住宅ローン借り換えもあります。
諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。
一般的には、数十万?数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。
せっかくマイホームを購入したのに、返済金が残っている状態でガンだと分った時はどのように支払っていけばいいのでしょうか。
通常は、ローンを組めば自動的に団体信用生命保険に申し込むので契約をしているご主人が死亡すると、お金が振り込まれます。
契約した内容に個別でガン保険が組み込まれている保険もあれば、申請しないと申込みできないものもあるので確認しましょう。
ましょう。
住宅ローンの借り換えには実はお金もかかるんですね。
事務手数料・保証料・繰上返済手数料の3つがあります。
数は少ないものの、楽天銀行フラット35とか新生銀行とかの住宅ローン借り換えのように無料のくりあげ返済手数料っていう住宅ローン借り換えもあります。
ただ中には癌だと分った時点でお金が振り込まれる場合と、1年間の通院と入院をされた場合に振り込まれる事もあります。
こうした保険は高く見えますが、思ったよりも安いので万が一に備えて、検討しておく事をお勧めします。