ウエルシュ菌食中毒って?

<「ウエルシュ菌食中毒」の症状について>これには下痢、腹痛があります。<下痢>水様便です。<腹痛の症状>比較的軽めです。一過性の場合が多いですね。<潜伏期間について><ウエルシュ菌食中毒の原因食品について>大量に調理して長時間室温に保存された様な食品が多くなっているようですね。例えば、カレーライスがあります。その中では、食肉、魚介などを使って作られたものがあります。<食肉、魚介について>ウエルシュ菌の汚染率が高いですね。<原因菌>ウエルシュ菌です。※ヒト、動物の腸管の中※下水や河川、これはヒト、動物の大腸の中に常在しています。この菌と言うのは、耐熱性の芽胞により非常に熱に強いと言えます。ウエルシュ菌は、嫌気性菌です。<ウエルシュ菌食中毒の予防方法について>前日などに調理する事を避けて加熱調理したものは出来る限り早めに食べることです。保存する場合、加熱調理あとで出来る限り早めに冷却します。そして、冷蔵保存を行うようにしてください。加熱調理した食品が冷めていく過程では、ウエルシュ菌が急激に増殖します。(汗)保存後に食べる時には、食べる前に再加熱してください。近年では、大規模調理が増加しています。(汗)このウエルシュ菌食中毒が増加傾向にあると言います。(汗)。(笑顔)